「教育訓練給付制度」とは、働く人の能力開発やキャリアアップの支援を目的として、受講費用の一部を給付する制度のことです。 大橋医療高等専修学校は現在本制度利用申請を上申中。承認後は受講にかかる費用の負担がさらに軽減されるため、これからキャリアアップを目指す社会人の方は必見です!

お電話でのご相談も受け付けております。

教育訓練給付制度の「専門実践教育訓練給付金」は授業料の50%(年間上限40万円まで)を給付します!
その期間は最大3年間。 合計金額120万円の授業料が国から給付されるという非常に有効な制度です。

准看護学校のカリキュラムは2年間ですから、ストレートに卒業すれば80万円の給付を受け取ることができます。

卒業後1年以内に就職(一般被保険者として雇用されることです)すると、給付額が20%追加支給。授業料の70%(年間上限56万円まで)が給付されます。

准看護学校を2年間で卒業した後に就職した場合は合計金額112万円を受け取ることができます。

教育訓練期間中(つまり通学中)に失業状態の場合は、離職前の月額基本給の80%相当(上限あり)が支給されます。

しかも受講が終了するまでの給付になりますので、給付を受けながら通学が可能です。退職からのキャリアアップを狙う場合大きなチャンス!

ただし45歳以下で、給付制度を初めて利用する場合に限ります。また本支援給付金は平成34年3月末までの暫定措置となります。

私も給付金が受けられるの?条件は?申請方法は?など、質問がありましたらお気軽にどうぞ。